2017年5月16日

導入事例

従来は複数台のカメラで監視していたエリアをViru360では1台で監視することが可能です。
導入コストを大幅に抑えながら実用性が格段に上がります。
また、下記事例のように様々なご要望に合わせエクステンションやカスタマイズする事で最適なソリューションを提供することが出来ます。
 

 規模プールの安全管理


最大8000人を収容するウォーターパークにおいて、安全管理に貢献しています。
従来の監視員による監視では、プール毎の目視確認が中心となっており、プール外のエリアや人混みの後ろなどに死角ができてしまい、安全管理が十分に行き届いているとは言えない状態でした。

しかし現在はViru360を導入したことにより、隅々まで監視の目を行き届かせることができるようになり、小さなお子様をお連れのお客様も安心して安全に楽しめる環境を提供できるようになりました。

  
  

 動車教習所で運転スキルを確認


自動車教習所に設置したViru360でドライビングコース全体を監視・録画することにより次のようなサービスを提供しています。

・教習車の進路を指示して接触事故を避ける。
・教習生が自身のドライビングコースを振り返る場を提供する。
・コースコンディションを確認し、教習車のセッティングを変更する(雪の多い地方のため)

Viru360を導入することで様々なアイデアが生まれ教習所のサービス向上・収益増加に貢献しています。

  
  

 温センサー連動で患者様を保護


Viru360は当社製品の顔認証プラットフォームであるVirufaceと組み合わせることでさらなる利便性を発揮します。

Viru360&Virufaceに体温センサーを連動させ、病院の受付において患者様・面会者様の体調管理を実現しています。体温の高い患者様・面会者様に優先して対応することにより、院内感染等の脅威を軽減し、病院に出入りする全ての人の保護に貢献しています。

防犯カメラを超える次世代の映像ソリューションを実現するプラットフォーム、それがViru360&Virufaceです。